番組内での発言が不適切と指摘され炎上!

炎上事例をもとに原因と理由を解説します。

今回は、タレントSの発言が視聴者に不適切だと指摘され、炎上したケースを紹介します。自分の考えを押し付けていると、視聴者から批判が集まり炎上につながりました。また、タレントSの発言に対してさまざまな意見がでたため話題が広がり、炎上は大きくなりました。

同じような炎上にあわないためにも、原因と対策について知っていきましょう!

発言が不適切だと指摘され炎上

発言が不適切だと指摘され炎上

2018年9月に放送されたテレビ番組内で、旦那が妻へ平日に送るプレゼントを選んでいました。共演者からの「花をもらったら嬉しいか」という問いに、タレントSが「花もらって嬉しくない女なんて腐ってますよ」と発言したことが視聴者から不適切であると指摘されました。視聴者から

「イラッときた」
「さすがに言いすぎ」
「言い方が不快」

などの否定的な意見があがり、炎上につながりました。

炎上となった3つの原因

原因1:自分の考えを押し付けたように思われたため

個人の考えを押し付けるような発言だったため、炎上につながりました。タレントSの発言を価値観の押し付けだととらえる視聴者が多く見られ、

「人それぞれの考え方がある」
「決めつけみたいなコメントが良くなかった」

など、批判が殺到しました。

原因2:言葉の選び方が不適切だったため

発言によって、視聴者にきつい印象をあたえたため炎上しました。視聴者は

「なんでこんなきつい言い方するんだろう」
「腐ってるはさすがに言われたくない」

など、「腐ってますよ」という表現に不快感を抱いていたようです。

原因3:賛否両論になったため

タレントSのは発言に対して賛否両論になったため、炎上が広がりました。賛否両論になり議論が広がると、実際の視聴者だけではなく、より多くのユーザーの目にとまり、大きな話題になるためです。今回は、否定的な意見が出る一方で

「そんなに深い意味を持って言ったわけじゃないと思うけど」
「わざわざ噛みつかなくてもいいのに」

など、過剰に反応しすぎではないかと疑問をもつユーザーもいました。また、発言への意見だけではなく、花をもらって嬉しいか嬉しくないかの議論にまで発展したため、さらに炎上が大きくなりました。

炎上に対する2つの対策方法

炎上に対する2つの対策方法

方法1:価値観を押し付けない

自分の考えを押し付けないことが大切です。さまざまな考えをもつユーザーが視聴しているためです。自分の考えだけを押し付けると共感できず、ユーザーが不満を抱いてしまいます。そうすると、不満や批判などのマイナスな意見が集まり、炎上につながりやすいです。この事例の他にも、価値観の押し付けが原因で炎上してしまったものがあります。

自分とは違う意見をもつユーザーが存在することを忘れずに、柔軟な発言をすることが大切です。

方法2:慎重な言葉選びをする

きつい印象をユーザーに与えないような言葉選びが必要です。強い言葉や言い回しはユーザーに不快感を抱かせてしまうからです。

今回でいうと、「腐ってますよ」という言い回しがユーザーに不快な印象を与えました。日常での会話や慣用句でも「腐ってますよ」という言葉は、あまり良い意味では使われないため、不快感をあらわにするユーザーが多かったのです。自分が言われる立場になったときに、不快に思う言葉や言い回しは避けましょう。

柔軟な考えをもつ

多くの考えをもつユーザーが視聴する可能性がある媒体で、自分の価値感を押し付けると批判が集まり炎上につながります。自分の意見だけにとらわれないためには、より多くの意見に触れることが大切です。

ネット上のお悩みをレピュ研が解決いたします|問合せフォーム

関連して読まれている記事

  1. 有名人が匿名掲示板の投稿者を特定!誹謗中傷を書き込んだ犯人とは?
  2. 「Googleに人生を破壊された」残り続けるネット風評
  3. 映画館での迷惑行為を助長する女性誌に怒り奮闘!
  4. マナー違反が原因でテーマパークの遊具が撤去されて炎上!
  5. 動画の内容に賛否両論で炎上

メールマガジン配信中

レピュ研は企業をネットリスクから守るための最新お役立ち情報を配信しています。風評被害や危機管理に関する情報や、企業リスクに関するセミナー情報などをご紹介していますので、ぜひご活用ください。

無料資料ダウンロード

専門家が教えるWebリスク対策のノウハウや、炎上事例などが詰まった資料(ホワイトペーパー)を無料でダウンロードいただけます。社内で情報をご共有・ご提案する際など、様々な場面でご活用ください。

お問い合わせ・ご相談

ご不明点やご質問がございましたら、こちらからお問い合わせください。施策にご興味がある方や、施策に関してのご質問も受け付けております。お電話またはメールフォームよりお気軽にご相談ください。

PAGE TOP