逮捕歴・犯罪歴の記事削除!必要な3つの条件と削除方法

逮捕歴・犯罪歴の記事削除!必要な3つの条件と削除方法

ネット上にある「逮捕歴・犯罪歴を削除する方法」について、風評被害対策の専門家がまとめてみました。

犯罪や逮捕で、前科・前歴がついてしまい、ネットの逮捕歴情報や、ネガティブな記事で悩んでいる人は多いです。特に「個人名」で検索したときに、ニュース記事やネガティブ記事が出ていると、求職活動や仕事に悪い影響をもたらします。例え、軽犯罪だったとしても「勝手にネットの情報が消える」「◯年経ったら消える」などといった決まりは無いため、本人が情報を削除していく必要があり、やっかいです。

レピュ研では、過去の過ちを反省し、更生したいと思っている人を手助けするためにも「犯罪歴・逮捕歴の記事を削除する方法と条件」をまとめてみました。逮捕歴・犯罪歴の削除方法が分からない方や、逮捕歴が検索結果に表示され困っている方は必見です。一緒に悩みを解決していきましょう。

読み終わるまで 約1分50秒
記事で学べること 1.逮捕/犯罪歴を削除できる3つの条件
2.逮捕/犯罪歴の削除方法
3.削除依頼するときの費用感

ネット上に逮捕歴が出る5つのデメリット

ネット上に逮捕歴が出る5つのデメリット

デメリット1:職場や就職活動に影響

逮捕歴を知った職場の社員から不当な扱いを受けてしまうことがあります。また、仕事先を変えようとしても、逮捕歴のせいで就職先を探すことができなかったり、一度決まった就職先がキャンセルされてしまうこともあるようです。

デメリット2:交際や結婚が難しい

逮捕歴があると交際や、結婚が困難になることがあります。当人同士は一緒に乗り越えようと同意をしていても、相手側の家族や親戚が反対して結婚や交際をあきらめなければならなくなることもあります。

デメリット3:家族や身近な人にも被害が出る

逮捕歴がある当人だけではなく、家族や身近な人にも被害が出てしまうことがあります。犯罪者の身内がいるということで、近所や町内で噂になり家族や身内が肩身の狭い思いをしてしまうことがあります。

デメリット4:賃貸が借りられない

賃貸のマンションやアパートなどが自分の名義で借りられないことがあります。逮捕歴や前科があると、賃貸契約の審査に通らないことが多く、日常生活でも支障がでてきます。

デメリット5:ネット上に半永久的に残る

一度ネットにあがってしまった情報は半永久的に残り続けてしまいます。何らかの対策をしなければ、ネット上からは削除されることはありません。

逮捕歴が削除できる3つの条件

逮捕歴が削除できる3つの条件

逮捕歴は、3つの条件を満たしていると削除できる確率が上がります。削除対象となる条件を知り、マッチしているかどうかを早めに判断することが重要です。

条件1:事件発生からの時間が経過している

ある程度、事件発生から時間が経ったものが削除対象になります。事件後少なくとも3年程度の時間経過が必要です。社会的に影響があった事件は5年から7年、大きな事件などの内容によって10年経って初めて削除できる記事もあります。

条件2:更生への取り組みがされている

本人がすでに社会復帰していたり、執行猶予期間が終了していたりすれば削除対象になります。また、被害者との示談が成立している場合も、削除できます。

条件3:生活への支障や削除の必要性

プライバシー侵害で重大な被害を受けているなど、削除の必要性があると判断されたとき、削除できることがあります。実際にネット掲載されたニュースにより、どの程度本人が被害を受けているのかが、削除できるかの判断となります。

逮捕歴が残っていたとしても、差し当たっての不都合が起こっていない場合は、緊急性がないため削除請求が認められない場合もあるのです。

どこに逮捕歴が出ているかを確認するには?

どこに逮捕歴が出ているかを確認するには?

自分の逮捕歴がどこにあるのか、知ることはとても重要です。膨大なネット情報から、どのように逮捕歴・犯罪歴が出ているかを確認すればいいのでしょうか。

検索エンジンはGoogleやYahoo以外も確認しよう

日本でも多くの人が使うGoogleとYahoo!の検索結果は確認しましょう。さらに海外と国内では若干異なりますが、国内であれば、Bing、MSN、Excite、海外であればBaudo、Naverなどが広く使われていますので、チェックしておくようにしましょう。また、スマートフォンの検索結果はパソコンとは異なる場合もあり、パソコンと同じように、スマートフォンでも検索結果を確認しておきましょう。

SNSの検索結果を確認しよう

TwitterやFacebookで検索結果を確認しましょう。SNSではリアルタイムに情報がアップされています。SNSの情報は、googleやYahoo!を始めとした検索エンジンの検索結果には表示されることはありません。同じく、検索エンジンに情報が残ることもないです。ただ、SNSでは情報が拡散されてしまうことがあるため、拡散を阻止するためにも検索結果の状況を把握しておきましょう。

逮捕歴・犯罪歴を削除依頼する前に知っておきたいこと

全てが削除できるわけではない

逮捕歴・犯罪歴の削除請求は、できる場合とできない場合があります。逮捕歴・犯罪歴は、主にプライバシー情報ですので、プライバシー権に基づく権利違反として認められなければなりません。その一方で、ニュース記事などで掲載されているものに関しては、表現の自由に基づく掲載物になります。プライバシー権があるからといって、すべてが削除されるわけではなく、プライバシー権が過度に侵害されていると判断できる場合のみ削除申請が認められます。

要注意!削除代行は犯罪です

本人と弁護士以外の第三者が削除作業を行うと非弁行為となります。逮捕歴の削除依頼を自分で行うことができず、自分以外の人に代行してもらう必要が出てきた場合には、風評被害対策とうたった削除代行業者に注意しましょう。

なお、レピュ研は風評被害対策の専門家として活動していますが、削除代行は一切行っていません。逮捕歴・犯罪歴削除に強い弁護士をご紹介することはできますので、お困りのときは、お気軽に連絡ください。

ネット上の誹謗中傷や悪質な書き込みでお困りの方はアークレスト法律事務所にご相談ください。

逮捕歴・犯罪歴削除は弁護士が対応できる

弁護士が逮捕歴・犯罪歴を削除できる

逮捕歴・犯罪歴の削除は、最高裁でよく議論にあがるほど、一般個人が問題を解決することは難しいとされています。そのため、弁護士へ相談することが解決への近道です。弁護士へ相談するときは、実務実績や、依頼内容を伝えた後の費用がいくらになるのかなど、を確認しておくことが大切です。

・実務実績の確認
以前に逮捕歴・犯罪歴の削除をしたことがあるのか聞いてみましょう。また、最終的に問題は解決したのか知っておくことも重要です。

・着手金の有無
実際に逮捕歴・犯罪歴が削除されるかは別として、弁護士が現在のネット状況を確認して、どういった対処法を取るか考えてくれます。削除するまでの手前の活動に着手してくれるかどうかのお金が、かかる弁護士とかからない弁護士がいるので、事前に知っておきましょう。

・報酬金の有無
実際に逮捕歴・削除歴が削除されたとき、報酬として弁護士にお支払いするお金のことです。削除されなかったときは、請求されない場合がほとんどです。

着手金や報酬金は、弁護士によって変わるため、しっかりと理解してから頼むようにしましょう。

弁護士が逮捕歴・犯罪歴を削除できる

削除を頼むときはしっかりと方法や金額を確認しよう

ネット問題に強い弁護士に依頼しよう

逮捕歴・犯罪歴を削除するときは、一般的な誹謗中傷や悪口の情報を削除するのとは違い、さまざまな観点からの対策が必要です。そのなかには、ネット上のプライバシーや表現の自由の問題もあります。また、ネット特有の情報拡散や、削除による反感炎上の発生も考えられます。これらを総合的に判断し、削除に臨む必要があります。そのため、ネット問題に詳しい弁護士でないと歯が立たないことが多いようです。

逮捕歴・犯罪歴削除は専門家に無料で相談しよう

風評被害対策の専門家に無料で相談しよう

ネット問題に強い弁護士を探す方法が分からないときは、まずレピュ研のような風評被害対策の専門家に相談することも一つの方法です。風評被害の専門家は、逮捕歴・犯罪歴に関連することだけでなく、ネット上のさまざまなリスク分析をすることができます。また、どのような状況で逮捕歴・犯罪歴が公開されているかを確認したうえで、確認した情報が削除できる逮捕歴・犯罪歴なのかを判断することができます。

また、風評被害対策の専門家であれば、このようなアドバイスを無料で行い、ネット問題に強い弁護士を紹介してくれます。ぜひお気軽にご連絡ください。

ネット上の誹謗中傷や悪質な書き込みでお困りの方はアークレスト法律事務所にご相談ください。

関連して読まれている記事

  1. したらば掲示板の削除方法と7つの注意点!投稿者特定まで
  2. 食べログの口コミ削除!悪い印象の口コミを防ぐ3つの方法
  3. Facebookで受けた誹謗中傷を削除する方法!公開範囲の工夫も
  4. Googleマイビジネス
  5. 図解あり!ツイッターの誹謗中傷や悪口を削除する方法と対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP