2019年1月更新!炎上リサーチレポート~ネタバレ記事を投稿し炎上~

2019年1月更新!炎上リサーチレポート~ネタバレ記事を投稿し炎上~

ネット炎上として判別したものを毎月リサーチ後分析し、レポートとして配信していきます。

弊社が独自に設定した 条件にて情報を算出し、カテゴリー別の件数推移と、特徴的な炎上について解説を行います。

1月炎上リサーチレポート

1月炎上リサーチレポート

2018年12月のネット炎上件数は89件でした。2018年12月で多かったのはエンタメ関係であり、33件もの炎上が起きていました。

今月のエンタメ関係炎上事例では、番組内やSNS上での発言が不適切ではないかと判断され炎上したケースが多かったです。また、法人関係の炎上も多くあり、サービスの提供内容やユーザー対応に批判が殺到したため炎上したケースが多くありました。

今回のピックアップ炎上は、法人関係の炎上事例からご紹介します。映画が公開される初日の朝に、ネタバレが含まれた記事を投稿したため炎上した事例です。

炎上事例PickUP

映画公開の初日の朝にネタバレ記事を投稿し炎上!

企業Mが投稿した記事に、ユーザーから多くの批判が集まり炎上しました。ネタバレを含んだ映画の紹介記事を、公開初日の朝に投稿したためです。記事を投稿したこと自体や、投稿する際のネタバレに対する配慮が不十分だった点をユーザーは指摘していました。実際にユーザーは

「公式発表前にネタバレとか……」
「先入観なしで観たかった」

など、批判的な意見をあげていました。また、企業Mが提供するサービスの使用を控えるというユーザーもいました。

情報公開の方法にも批判が殺到

情報の公開方法にも批判殺到

企業Mの記事投稿のタイミングだけではなく、方法にも批判が集まりました。記事や、記事を紹介する投稿に、ネタバレを含む記事であるという注意書きがなかったためです。それにより、ネタバレを見たくないのに回避できなかったユーザーが増え、批判の声が多く集まり、炎上は大きくなってしまいました。

企業としてできる対策

今回は、情報発信のタイミングが不適切だとされ炎上につながりました。自社の持っている情報やサービスの告知など、企業として情報発信する際は、発信するタイミングや方法を考えることが大切です。ユーザーが知りたくなかったり、必要としていない情報を発信してしまうと、顧客離れにつながってしまうからです。ユーザーの欲している情報や、情報公開のタイミングなどを見極めることが重要でしょう。

ネット上のお悩みをレピュ研が解決いたします|問合せフォームレピュ研がお届けするお役立ち情報をGET|メルマガ登録フォーム

関連して読まれている記事

  1. 2019年6月更新!炎上リサーチレポート~企画の条件を明記しなかったため炎上~
  2. 2020年4月更新!炎上リサーチレポート~公式アカウントでの発言が不適切だとユーザーから指摘され炎上~
  3. 2019年9月更新!炎上リサーチレポート~推奨すべきではないとされる情報を放送し批判殺到~
  4. 【最新版】2018年6月更新!炎上リサーチレポート~女性客をバカにしているとして飲料品メーカーが炎上~
  5. 2018年11月更新!炎上リサーチレポート~話題の取り上げ方に批判が殺到し炎上~
  6. 2018年12月更新!炎上リサーチレポート~自社の宣伝のために他社のイメージを悪くしたとして炎上~

人気記事ランキング

  1. 逆SEOとは?代表的な6つの方法!弁護士との違いとは
  2. ネット炎上のメカニズムと2017年炎上事例5パターン
  3. Googleマップの口コミ削除!3つの削除手順と口コミ評価を上げる方法

レピュ研おすすめ記事

  1. ソーシャルメディアポリシー作成前に!重要な2つの目的と参考雛形5選
  2. 公式サイト上で虚偽の表記をしたとして炎上!
  3. 無料で簡単!Googleマイビジネス登録時に役立つ3つの注意点と5つの登録手順
  4. Googleマイビジネス
  5. 2018年11月更新!炎上リサーチレポート~話題の取り上げ方に批判が殺到し炎上~

メールマガジン配信中

レピュ研は企業をネットリスクから守るための最新お役立ち情報を配信しています。風評被害や危機管理に関する情報や、企業リスクに関するセミナー情報などをご紹介していますので、ぜひご活用ください。

無料資料ダウンロード

専門家が教えるWebリスク対策のノウハウや、炎上事例などが詰まった資料(ホワイトペーパー)を無料でダウンロードいただけます。社内で情報をご共有・ご提案する際など、様々な場面でご活用ください。

お問い合わせ・ご相談

ご不明点やご質問がございましたら、こちらからお問い合わせください。施策にご興味がある方や、施策に関してのご質問も受け付けております。お電話またはメールフォームよりお気軽にご相談ください。

PAGE TOP