2018年5月更新!炎上リサーチレポート~新入社員の研修内容が不適切だとして炎上~

2018年5月更新!炎上リサーチレポート~新入社員の研修内容が不適切だとして炎上~

ネット炎上事例として判別したものを毎月リサーチ後分析し、レポートとして配信していきます。
弊社が独自に設定した条件にて情報を算出し、カテゴリー別の件数推移と、特徴的な炎上について解説を行います。

5月炎上リサーチレポート

5月炎上リサーチレポート

2018年4月のネット炎上件数は90件でした。2018年4月で一番多かった炎上はエンタメ関係で、32件ありました。タレントの不適切な行動や書き込みがSNS上で話題となり、炎上につながるものが多い印象でした。続いて、2番目に多かった一般個人関係で、20件でした。

今月ピックアップした炎上は、新入社員研修が不適切な内容だとして炎上した事例です。研修内容では、会社の伝えたい意図とネットユーザーの考え方に違いが生まれ、炎上してしまいました。
炎上事例PickUP

新入社員の研修内容が不適切だとして炎上

2018年4月某日、不動産関係の株式会社Iが新入社員の研修内容としてアップロードした動画が、不適切な内容だとして炎上しました。

研修内容は「おはよう」と声を出しながら、社内でキャッチボールをする内容でした。株式会社Iは研修した目的について

自分の声を知り様々な場面で活用するため
プレゼンの上達のために受講するビジネスパーソンも増えているため

と語っています。また、研修の一部は、プロのボイストレーナーによるレッスンだったようです。しかし、動画を見たネット上の人たちは、

「意味がわからない。新入社員全然楽しそうに見えないんだけど」
「典型的なブラック企業じゃん。本気で意味が分からない」
「おじさん経営者たちはこの研修がタメになると思ってるだろうが、全く理解できない」

などと非難が殺到し、炎上してしまいました。

動画投稿後の6日後に謝罪するも、2次炎上

動画投稿後の6日後に謝罪するも、2次炎上

動画をアップロードした株式会社Iは、まさか新入社員研修の動画が炎上するとは思ってもおらず、動画投稿をした6日後にネット上で謝罪文を公開しています。

「新卒の皆さん不快な思いをさせて申し訳ありません」
「応援するはずの広報活動が、その逆になり本当にごめんなさい」

ただ、この謝罪文を見たユーザーたちからは

「謝罪するなら、なんですぐ動画消さなかったんだよ」
「”本当にごめんなさい”とか、小学生の文章じゃないんだからさ…」
「動画投稿から何日経ってんの…しかもSNSで謝罪とか、あきれるわ」

などと対応が遅い点や、SNSで公式謝罪を行っている点が反感を買い、二次炎上となってしまいました。

企業として対策できる3つのこと

企業として対策できる3つのこと

ネット監視を導入する

今回の事例では、新入社員研修の動画をアップロードした段階から、ユーザーの反応を知っておくことが重要でした。炎上は一度悪い方向へ情報が広がると、批判の便乗によって大拡散を起こしてしまいます。

ネット監視を導入することで、早い段階でユーザーの誤解を解いたり、動画を削除する判断が行えたりしていれば、炎上を防ぐことができた可能性が高いでしょう。

謝罪は感情を重視する

万が一炎上してしまい、謝罪するときは「理由や内容」よりも「気持ちや感情」を重視したほうがよいでしょう。

文化省が2017年に発表した調査結果によると、相手から何か謝罪されるとき、内容や理由よりも気持ちや感情を重視した話し方のほうが1.5倍以上受け入れやすい結果がでています。炎上したときは謝罪方法を工夫すると、さらなる炎上を食い止められるでしょう。

言葉遣いを徹底する

例えば、いつもフランクな口調で公式SNSを運用していたとしても、重大な発表や謝罪をするときは、言葉遣いを改めることも大切です。

とくに炎上に関する問題が起きているときはスイッチを切り替え、ビジネス敬語を意識した発言をすることも重要でしょう。

炎上になる前に防ぐには?レピュ研が炎上コンサルティングをご提案します。

誤解が起きたときは、早期対応が重要

例えば相手に、伝えたい意図とは違ったとらえ方をされてしまったときは、なるべく早く誤解を解いたほうがよいでしょう。特にネット上では、1つの誤解から新しい解釈や憶測が連鎖的に起きてしまうものです。

誤解を招いてしまったときは、心配してくれた方や誤解によって迷惑をかけてしまった人に、いち早く謝罪することが重要です。目的や意図が伝わりにくいこともあるネットだからこそ、火種は早期に見つけて対策しましょう。

■2017年の炎上事例をもとに、炎上予防方法を徹底解説
2018年「ネット炎上」から身を守る方法とは

■4月5月は就活シーズン特有の炎上が起きやすい?
就活生がネット告発!男女差別をする企業が炎上!

■ネット炎上がつねに起こり続けてしまう問題を詳しく解説!
ネット炎上はなくならない!発生し続ける理由とは?

関連して読まれている記事

  1. 2018年2月更新!炎上リサーチレポート~いじめ動画拡散で加害者が炎上~
  2. 2017年11月更新!炎上リサーチレポート
  3. 【最新版】2017年10月更新!炎上リサーチレポート
  4. 2018年4月更新!炎上リサーチレポート~飲食店がお客様にネット告発され炎上~
  5. 2017年12月更新!炎上リサーチレポート
  6. 2018年12月更新!炎上リサーチレポート~自社の宣伝のために他社のイメージを悪くしたとして炎上~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP