デジタルタトゥーとは?その悪影響と有効な対処方法

デジタルタトゥーとは?その悪影響と有効な対処方法

本記事では「デジタルタトゥーの意味」「デジタルタトゥーによる悪影響」「有効的な対処方法」についてご紹介します。

テレビドラマが放送されるなど「デジタルタトゥー」という言葉に注目が集まっています。デジタルタトゥーとは、ネット上に公開された情報がその拡散力などから半永久的に残り続けるということを「タトゥー」に例えた造語です。公開した情報は若気の至りや間違いでは済まされず、当事者の人生を大きく変えてしまうかもしれません。
今回は「実際にデジタルタトゥーにはどんな影響力があるのか」「残ってしまった情報にはどのような対策が有効なのか」について事例を用いて解説します。「今デジタルタトゥーに困っている」「デジタルタトゥーについて、社員や学生・生徒に教育したい」という方は必見です!一緒に正しい知識を身につけていきましょう。

デジタルタトゥーとは?

デジタルタトゥーとは

ネット上に公開した情報は拡散されてしまうことなどから完全に削除することが不可能であると言われています。そのことを「タトゥー(刺青)」に例えた造語がデジタルタトゥーです。

残ってしまった情報がポジティブな内容であれば問題ないのですが、当事者にとって不利益になるような情報が残り続けてしまうことも多いです。内容は写真動画SNS上での発言個人情報などさまざまで、ときに当事者の人生を大きく変えてしまうほどの悪影響を及ぼします。気軽に情報を発信できるインターネットだからこそ、細心の注意を払わなければならないのです。

デジタルタトゥーによる5つの悪影響

デジタルタトゥーはどんな悪影響を及ぼすのか解説します。

デジタルタトゥーによる5つの悪影響

1:就職・転職への影響

企業によっては就職希望者の情報を徹底的に調べます。そこでネガティブな情報が見つかってしまい就職・転職先がなかなか決まらないことも少なくありません。また無事就職できても、就職後にネットの情報が知られてしまい職場に居づらくなり、退職を余儀なくされることもあるようです。

2:賃貸・ローン契約への影響

賃貸やローンの契約など、お金が関わるやり取りには「信用」が必要です。ネットに残った情報がたとえ事実ではなくても、相手はそのことを知るすべがありません。そのため賃貸やローンの審査が通らず、日常生活に影響が出てしまうことも多いです。

3:ネット上での誹謗中傷

デジタルタトゥーがきっかけで、事あるごとにネット上で誹謗中傷され続けてしまうかもしれません。実際にネットの誹謗中傷が原因で心を病んでしまい、それまでと同じような生活を送ることが難しくなることもあります。

4:交際・結婚への影響

デジタルタトゥーについて当人同士が気にしていなくても、家族や関係者の反対にあうかもしれません。

5:家族や身近な人への影響

紹介した4つの悪影響は、本人だけではなくその家族や身近な人にも起こり得ることです。そのせいで肩身の狭い思いをして生活することになるかもしれません。

デジタルタトゥーとして残りやすい情報

次のような情報は特にユーザーの興味を引き付けてしまうためデジタルタトゥーとして残りやすいです。

デジタルタトゥーとして残りやすい情報

ニュースで報道された情報

犯罪歴や逮捕歴、迷惑行為、疑惑などをニュースで報道されてしまったものは残りやすいです。テレビの報道だけなら世間からすぐに忘れられるはずの情報も、ネット上に残り続けることで記憶に残りやすくなります。また大きく報道されてしまうと拡散元となるネット情報が複数になるため、把握しきれないほど広まっていると想定できます。

バイトテロなどの不適切な動画や写真

バイトテロや悪ふざけをして撮影した写真や動画もデジタルタトゥーとして残り続けます。もし投稿したときに「炎上」するほど話題にならなくても、どこの誰が見ているか分かりません。また、友達だけしか知らないはずの情報でもどこからか漏れ出し、時間が経ってから第三者に再投稿されて炎上したという事例も発生しています。

リベンジポルノ

性的・わいせつな写真や動画を公開されてしまうと、海外のサーバーまでも拡散されやすいです。その為情報の把握がさらに難しくなるだけでなく、たとえ弁護士でも国内で対応することが難しくなってしまいます。

ネット上で特定された個人情報

もしニュースで報道された情報、不適切な写真や動画が匿名で拡散されたとしても、ネット上ではすぐに個人情報を特定されて書き込まれてしまいます。特定するための材料となるのが、SNSのアカウント情報や過去の投稿です。特定された後は、Twitterや掲示板などを介して元の情報とともに拡散されてしまいます。

有効的な対処方法4つ

ご紹介したように、拡散された情報を片っ端から完全に削除することは難しいです。しかし、影響を最小限に抑えるために有効な対処方法はあるためご紹介します。

各サイトで決められた方法で削除申請

5ちゃんねる(2ちゃんねる)や爆サイをはじめとする掲示板やSNSには決まった削除申請の方法があります。情報によって被害を被った本人であれば、その方法に沿って削除申請することが可能です。削除基準は各サイトやサービスによって異なりますが、いずれにしても法令違反権利侵害利用規約違反などに該当する情報しか削除できない可能性が高いです。


5ちゃんねるマニュアルWP

5ちゃんねる対策マニュアル無料プレゼント

・削除依頼方法を詳しく解説
・削除依頼文のテンプレート付き!
・5ちゃんねる対策の決定版

詳細

弁護士に削除を依頼

本人以外からの削除申請弁護士からのみ申請が可能です。自身で削除申請をして削除できなかった情報も、弁護士を通して法的手続きを踏めば削除できることもあります。ただこの方法は費用がかかる上に、すべての拡散先の情報は削除できないことが多く、いたちごっこになってしまう可能性もあるので注意が必要です。

逆SEO対策

問題のサイトの検索順位を押し下げることで、ユーザーがたどり着きづらくする対策です。問題のサイトに直接対策を行うわけではなく、優良サイトを上位に表示させることで相対的に順位を押し下げます。サイト自体は消えませんが、削除申請と違って民間企業でも行うことができる、再び問題サイトが上位表示することが少ないというメリットがあります。

逆SEO対策

誹謗中傷・虚偽の記事でお悩みの方へ、逆SEO対策のすすめ

逆SEO対策について詳しくまとめました

・記事や投稿を削除することのデメリット
・逆SEO対策のメリット
・代表的な施策とやってはいけない施策

詳細

検索エンジンのキーワード対策

情報が拡散された結果、Yahoo!やGoogleの検索エンジンのキーワードに情報が飛び火してしまう可能性があります。このキーワードを非表示にすることで、ユーザーの問題サイトへの流入経路を閉ざすことができます。

キーワード対策

まずは早めに専門家に相談

早めの対処が有効です

情報の拡散は、今この瞬間も進んでいるかもしれません。時間が経ってデジタルタトゥーとして深く刻まれてしまう前に対策を行うことが有効な方法となります。

まずは専門家に相談

デジタルタトゥーの種類や対処方法をいくつかご紹介しましたが、実際にどう対処すれば良いのか判断するのは難しいと思います。レピュ研ではデジタルタトゥーに関するご相談を無料で行っています。「デジタルタトゥーに困っているけど誰に何を依頼すれば良いかわからない」「デジタルタトゥーのリスクについてもっと知りたい」など簡単なご相談から承りますので、ぜひお気軽にご連絡ください!

ネット上のお悩みをレピュ研が解決いたします|問合せフォーム

関連して読まれている記事

  1. 炎上に参加する人たちの正体とは?行動パターンと心理
  2. 知っておくべきITセキュリティの重要性!企業の課題と対策を紹介
  3. ネット炎上のメカニズムと2017年炎上事例5パターン
  4. NAVERまとめの無断転載と誹謗中傷記事とをすばやく削除する方法
  5. リスクアセスメントの手順と5つの注意点
  6. ソーシャルメディアポリシー作成前に!重要な2つの目的と参考雛形5選
お役立ち資料ダウンロード

人気記事ランキング

  1. 逆SEOとは?代表的な6つの方法!弁護士との違いとは
  2. Googleマップの口コミ削除!3つの削除手順と口コミ評価を上げる方法
  3. ネット炎上のメカニズムと2017年炎上事例5パターン

レピュ研おすすめ記事

  1. ソーシャルメディアポリシー作成前に!重要な2つの目的と参考雛形5選
  2. 公式サイト上で虚偽の表記をしたとして炎上!
  3. 無料で簡単!Googleマイビジネス登録時に役立つ3つの注意点と5つの登録手順
  4. Googleマイビジネス
  5. 2018年11月更新!炎上リサーチレポート~話題の取り上げ方に批判が殺到し炎上~
メールマガジン登録
フジテレビ系情報番組「グッディ!」でレピュ研の記事が参考資料として使用されました

メールマガジン配信中

レピュ研は企業をネットリスクから守るための最新お役立ち情報を配信しています。風評被害や危機管理に関する情報や、企業リスクに関するセミナー情報などをご紹介していますので、ぜひご活用ください。

無料資料ダウンロード

専門家が教えるWebリスク対策のノウハウや、炎上事例などが詰まった資料(ホワイトペーパー)を無料でダウンロードいただけます。社内で情報をご共有・ご提案する際など、様々な場面でご活用ください。

お問い合わせ・ご相談

ご不明点やご質問がございましたら、こちらからお問い合わせください。施策にご興味がある方や、施策に関してのご質問も受け付けております。お電話またはメールフォームよりお気軽にご相談ください。

PAGE TOP