投稿されていた記事の内容が不適切だと批判殺到!

投稿されていた記事の内容が不適切だと批判殺到!

今回は、ブログ記事に投稿されていた記事の内容が不適切であると、ユーザーから指摘され炎上した事例を紹介します。

ユーザーから不適切だと指摘され炎上

2月上旬にSNS上で、目薬を手作りしたという内容の記事が共有され話題になりました。この記事自体は2年ほど前に掲載されたものですが、拡散力のある媒体で取り上げられ再度たくさんのユーザーの目に入りました。この記事を見たユーザーは

「え、病気になったらどうするの……」
「こんなの目に入れたらヤバいでしょ」
「目薬作るって法的に大丈夫なの?」

など、安全性や、衛生面、法的な問題を指摘していました。また、記事が掲載されていたサイトの運営にたいして、

「ちゃんとチェックしてから掲載するようにしないと」
「これ確認したうえで掲載されてんの?」
「他の記事も怪しく見えてくる」

など、運営のチェック体制や他の記事の信憑性にマイナスな印象を抱いていました。

チェック体制を確立させる

チェック体制を確立させる

今回、健康に直接的な影響があることに多くの意見が集まりました。その結果、記事を作成したライターや掲載していたサイトの運営側など、指摘が多方面にわたり炎上につながりました。1つの記事にマイナスなイメージがついただけではなく、そのサイトに掲載されている全ての記事に影響が出てしまいました。サイト全体のイメージダウンにもつながるため、記事を掲載する前のチェック体制は社内でしっかりと確立させ、日々見直しや更新をしていく必要があるでしょう。

関連して読まれている記事

  1. 個人の何気ない投稿がSNSで話題に!突然、炎上の当事者へ
  2. 信憑性のない情報で無関者がネット炎上の標的に!
  3. 過酷労働を強いた企業が特定され炎上!恐るべきネット特定班とは
  4. 投稿した文章が意図しない意味で広まってしまい炎上!
  5. 3つの対策

メールマガジン配信中

レピュ研は企業をネットリスクから守るための最新お役立ち情報を配信しています。風評被害や危機管理に関する情報や、企業リスクに関するセミナー情報などをご紹介していますので、ぜひご活用ください。

無料資料ダウンロード

専門家が教えるWebリスク対策のノウハウや、炎上事例などが詰まった資料(ホワイトペーパー)を無料でダウンロードいただけます。社内で情報をご共有・ご提案する際など、様々な場面でご活用ください。

お問い合わせ・ご相談

ご不明点やご質問がございましたら、こちらからお問い合わせください。施策にご興味がある方や、施策に関してのご質問も受け付けております。お電話またはメールフォームよりお気軽にご相談ください。

PAGE TOP