2019年3月更新!炎上リサーチレポート~演出のために情報操作をしたと思われる表現をし批判殺到~

2019年3月更新!炎上リサーチレポート~演出のために情報操作をしたと思われる表現をし批判殺到~

ネット炎上として判別したものを毎月リサーチ後分析し、レポートとして配信していきます。

弊社が独自に設定した条件にて情報を算出し、カテゴリー別の件数推移と、特徴的な炎上について解説を行います。

3月炎上リサーチレポート

3月炎上リサーチレポート

2019年2月の炎上件数は61件でした。2019年2月で多かったのは一般個人関係であり、21件もの炎上が起きていました。

今月の一般個人関係の炎上事例では、勤め先での不適切な行動を撮影した動画投稿が炎上したケースが多かったです。また、エンタメ関係の炎上も多くあり、影響力のある人物の発言や行動が炎上したケースが多くありました。

今回のピックアップ炎上は、メディア関係の炎上事例から紹介します。番組内で誤解をまねく表現ではないかと視聴者に指摘され、批判や疑問の声があがり炎上した事例です。

炎上事例PickUP

演出のために情報操作をしたと思われる表現をし批判殺到

番組Sが紹介した海外都市までの行き方に、多くのユーザーが疑問を抱き批判が殺到しました。交通手段によっては約2、3時間の移動時間にもかかわらず、もっとも時間のかかる交通手段のみを紹介し、あたかも非常に遠い都市のように紹介したからです。ユーザーが疑問に思った点は大きく分けて下記の2点です。

  • 地元民だけではなく観光客や留学生なども多くいる都市にもかかわらず小さい街であるかのように紹介
  • 空港も存在するのに車や電車しか交通手段がないかのように構成されていた

この番組を見たユーザーは

「辺境感出してるけど飛行機で数時間だぞ」
「飛行機普通にあるし、そんなに田舎町じゃない」
「やたら最果ての街みたいな印象を与えてる」

など、番組の趣旨に寄せるため誤解をまねくような取り上げ方をしたことに疑問を持つユーザーの声が上がりました。また、

「国際空港があるのに、鉄道や車でしかいけない秘境感を出すのは誤解を与える」
「交通手段に乏しい秘境のド田舎みたいな演出するのは相手国に失礼でしょ」

のような相手に対する敬意が感じられないという意見もありました。

企業としてできる対策

企業としてできる対策

今回は、番組に都合の良い情報だけを使用し、ユーザーへ誤解を与えたことが炎上につながりました。企業として何か情報発信をする際は、ユーザーに間違った認識を与えないよう心がけることが大切です。情報や印象操作をしていると思われてしまえば、顧客離れにつながる可能性もあります。同じ内容でも、言葉が違えば伝わり方も違ってきます。どの情報を、どのような言葉で発信していくかを考えることが重要でしょう。


正しい謝罪をして素早く鎮火!

失敗しない謝罪方法ホワイトペーパー
    • 謝罪時に注意すべき8つのワード
    • 伝わりやすい文と伝わりにくい文
    • 炎上事例とポイントをご紹介!

      ダウンロードする

関連して読まれている記事

  1. 2017年11月更新!炎上リサーチレポート
  2. 2019年6月更新!炎上リサーチレポート~企画の条件を明記しなかったため炎上~
  3. 2018年5月更新!炎上リサーチレポート~新入社員の研修内容が不適切だとして炎上~
  4. 2017年6月更新!炎上リサーチレポート
  5. 2018年7月更新!炎上リサーチレポート~拉致被害者と家畜を一緒にしていると誤解され炎上~
  6. 2017年7月更新!炎上リサーチレポート

メールマガジン配信中

レピュ研は企業をネットリスクから守るための最新お役立ち情報を配信しています。風評被害や危機管理に関する情報や、企業リスクに関するセミナー情報などをご紹介していますので、ぜひご活用ください。

無料資料ダウンロード

専門家が教えるWebリスク対策のノウハウや、炎上事例などが詰まった資料(ホワイトペーパー)を無料でダウンロードいただけます。社内で情報をご共有・ご提案する際など、様々な場面でご活用ください。

お問い合わせ・ご相談

ご不明点やご質問がございましたら、こちらからお問い合わせください。施策にご興味がある方や、施策に関してのご質問も受け付けております。お電話またはメールフォームよりお気軽にご相談ください。

PAGE TOP