【2018年度新卒調査】新卒利用サイトランキング

【2018年度新卒調査】新卒利用サイトランキング

ランキング1位は「みんなの就職活動(みんしゅう)」

2018年度新卒学生293名を対象に、就職活動中どんな情報サイトを使っているか調査したところ「みんなの就職活動(みんしゅう)」を133名の学生が使っていることがわかりました。調査対象者の約半数である45.3%の方が使っているみんなの就職活動(みんしゅう)は、楽天株式会社が運営する、新卒学生向け大型口コミサイトです。

ランキング1位は「みんなの就職活動(みんしゅう)」

サイト利用をしない人も多くいる結果に

2位にランクインしている「転職会議・カイシャの評判」は、主に中途転職者向けの口コミサイトですが、新卒学生も登録して、情報収集しているのかもしれません。5位の就活会議は、2位の転職会議を運営している株式会社リブセンスが、新卒学生向けにつくった口コミサイトです。この「就活会議」は2016年に設立した、まだまだ若い口コミサイトですが、徐々に知名度・利用者を伸ばしている傾向にあります。

見たことのないサイトがあるときは?

今回のランキングにあるサイトは、当メディアが7,200社(2017年4月)の企業リスク分析をした上で、企業の採用担当者が、特に気にしているサイトをピックアップしています。ランキング上位はもちろんのこと、ランキング下位のものでも、どんなサイトなのか、自社名は載っているのか、確認することが重要です。

回答「その他」とは

「リクナビ」「マイナビ」などの、求人サイト内情報のみで情報収集する方や、採用担当の社員ブログで情報収集する方がいました。口コミサイトの情報は誰が書いているか分からないため、情報が信用できず、不安をあおるだけになってしまうから見ないと言ったご意見もありました。

 

企業の評判を調べるのは「エントリー前」64%

企業の評判を調べるのは「エントリー前」64%

選考初期段階で、多くの人が評判を調べる結果に

同アンケート回答者に、選考を進めていくとき、いつ企業を一番調べるか調査したところ「エントリー前」が64%いることが分かりました。書類選考後を含めると、82%の新卒学生が1次面接に行く前に企業の評判を調べていることが分かりました。

SNSで企業の評判を検索する時代

エントリーをしてくれた新卒学生から、反応がなくなってしまったときは、今回のサイトランキングにあるサイト内の情報を、一度確認した方がよいかもしれません。またYahoo!やGoogleで企業名の検索をすることと、SNSでどんな情報が流れているか、チェックすることも大切ですね。

同アンケートで、企業調べに2018年度新卒が使う検索ツールの調査も行っています。こちらもぜひ参考にしていただき、採用活動のサポートやヒントになればと思います。

調査期間 2017/06/01 - 2017/06/30
有効回答数 293人
回答者の属性 2018年度卒 就職活動中の大学生(男女)
当メディア運営元 会社説明会参加者
グループ会社 会社説明会・セミナー参加者

レピュ研がお届けするお役立ち情報をGET|メルマガ登録フォームネット上のお悩みをレピュ研が解決いたします|問合せフォーム

関連して読まれている記事

  1. 【2018年度新卒調査】時期によって企業の調べ方が違う結果に
  2. 【2018年度新卒調査】学生の検索環境調査
  3. 法人検索時のキーワードクリック率が違う結果に
  4. 【2018年度新卒調査】企業調べにTwitterを利用

メールマガジン配信中

レピュ研は企業をネットリスクから守るための最新お役立ち情報を配信しています。風評被害や危機管理に関する情報や、企業リスクに関するセミナー情報などをご紹介していますので、ぜひご活用ください。

無料資料ダウンロード

専門家が教えるWebリスク対策のノウハウや、炎上事例などが詰まった資料(ホワイトペーパー)を無料でダウンロードいただけます。社内で情報をご共有・ご提案する際など、様々な場面でご活用ください。

お問い合わせ・ご相談

ご不明点やご質問がございましたら、こちらからお問い合わせください。施策にご興味がある方や、施策に関してのご質問も受け付けております。お電話またはメールフォームよりお気軽にご相談ください。

PAGE TOP