WEBリテラシー試験とは?資格取得で仕事の幅が広がる!

WEBリテラシー試験とは?資格取得で仕事の幅が広がる!

ITを使って業務を行うにあたり、パソコンやインターネット、インターネット上でのコミュニケーションといった「WEB」とビジネスは切り離せない関係にあります。WEBに関する理解や知識が欠けている場合、業務を円滑に進められない可能性や、大きなトラブルを引き起こしてしまうこともあります。まずは、WEBについての理解力を示す言葉である「WEBリテラシー」とは何かを知る必要があるでしょう。さらに、WEBリテラシーに関する資格を取得する必要性や、試験の概要も紹介します。

WEBリテラシーとは?企業にとって大切な能力!

WEBリテラシーとは?企業にとって大切な能力!

員に対してWEBリテラシーの重要性を説くためには、企業側が重要性を理解しておく必要があるでしょう。WEBリテラシーとは何か、具体的にどのような意味を持つものなのか、3つの意味と定義に関する情報を紹介します。

WEBリテラシーとは何か

WEBリテラシーとは、コンピューターシステム、インターネット、SNSなどWEBに関連するさまざまな情報を理解する能力のことです。基本的な機器の操作からツールを使いこなすまでを指すため、WEBリテラシーの幅は広いといえます。企業においては、WEBを活用したマーケティングを行うことで、事業成長を促進させるというWEBリテラシーが必要になるでしょう。

WEBリテラシーの定義

WEBリテラシーとひとくくりにすると非常に幅が広くなりますが、ポイントをまとめると3つの重要な定義が見えてきます。WEBリテラシーの基本的な定義を知らずに社員への教育を怠ると、企業に思わぬトラブルを引き起こすこともあるでしょう。ここでは、WEBリテラシーの定義と企業における重要性を紹介します。

情報に関する能力

情報基礎リテラシーとは、正しい情報を探し出して精査し、正確に利用できる能力のことです。インターネットが急速に発展している情報社会のなかで、非常に注目されています。社員がインターネット上にあふれる膨大な情報を分析し、フェイクニュースや嘘を見抜く能力を持つことは大切です。また、企業としても、こうした能力を社員に求めることは必須であるといえます。情報基礎リテラシーを理解していない社員は、企業が求める情報を見つけ出せず、正しい情報であるかを判断することも難しいでしょう。さらに、インターネット上に存在する情報には事実に反する内容も多いことを、しっかりと社員に伝えることは非常に大切です。

コンピューターに関する能力

コンピューターリテラシーとは、コンピューターの基本的な操作ができる能力のことを指し、どの程度の能力が必要とされるのかは企業によって異なります。最低限必要とされる能力には、基本的なOSの操作とコンピューターソフトの「office」を使いこなせることが挙げられますが、職種によっては専門的なプログラミング能力なども必要です。

ネットワークに関する能力

ネットワークリテラシーとは、ネットワークやセキュリティに関する技術力や理解力のことです。業務を遂行するうえで必要となるこうした技術力に加えて、SNSなどインターネットの使い方や情報モラル・情報セキュリティなどに関する知識・スキルも問われます。社員や企業に関わった社員以外の第三者が、その企業についてSNSへ投稿する内容は、取り返しのつかないトラブルに発展する可能性があることも認識しなければなりません。インターネットとの関わり方やリスクを社員に教育する必要があるでしょう。

WEBリテラシー試験について詳しく紹介!難易度は?

WEBリテラシー試験について詳しく紹介!難易度は?

社員へそうした教育をしても、実際にはどの程度理解をしているのかを確認することは難しいものです。しかし、WEBリテラシーについては、理解度を確認するための試験があります。どのような試験なのか、内容や目的を詳しく見ていきましょう。

WEBリテラシー試験とは

WEBリテラシー試験とは、社団法人全日本能率連盟登録資格「WEB検定」で、最初に制定された資格制度です。業務を行ううえでWEBに関わる、すべての人を対象に行われています。ただし、基本的にはデザイナー、ディレクター、プロデューサーなど主要な職種をターゲットに、重要な知識だけを集めて出題されることが特徴的です。立場が違う者同士でも、スムーズにコミュニケーションを行えるようにすることが目的の試験だといえます。

受験について

WEBとの関わりが深い企業は、社員同士の円滑なコミュニケーションのためにも、受験を検討すべき試験だといえるでしょう。WEBリテラシー試験の申し込み方法や問題の内容、さらに、難易度や合格率についても紹介します。

申し込み方法

WEBリテラシー試験は、「J-Testing」の試験申込専用サイトからアクセスし、パソコンやスマートフォンで直接申し込むことが可能です。申し込む際には会員登録をして、試験一覧から受験したい会場や日時を選び予約します。試験当日は本人確認書類、確認メールの提示が必要です。

試験の問題

WEBリテラシー試験の問題は、公式ガイドブックに掲載されている問題のなかから出題されます。公式ガイドブックは都度、改定が行われているため、公式ガイドブックで学習した項目に対応した試験を受けることが可能です。試験時間は90分間、出題数は85問、正解率70%以上で合格となります。

受験対策

WEBリテラシー試験に合格するためには、試験までに合計15~20時間程度の学習が必要とされています。公式ガイドブックを読むだけでなく、問題集を解いて理解を深めましょう。試験直前には、公式ガイドブック下部の「キーワード」を集中的に覚えると、問題を解きやすくなります。

試験の難易度や合格率

WEBリテラシー試験の難易度はそれほど高くなく、合格率は50%程です。公式ガイドブックを利用した試験直前の対策を行うことで。解きやすくなる問題も多いため、気負わず受験できるでしょう。はじめて受験する人でも、合格できる可能性があります。

WEBリテラシー資格取得のメリット!企業内で活かせる

WEBリテラシー資格取得のメリット!企業内で活かせる

WEBリテラシー試験の難易度は高くなく、必要な受験資格も指定がないため、取得しやすい資格です。こうしたWEBリテラシー資格の取得には、受験者や企業にどのようなメリットがあるのでしょうか。資格取得によるメリットを3つ紹介します。

メリット1:取得しやすい

比較的難易度が低いので取得しやすいという点もメリットだといえます。年齢制限もないことで学生でも受験でき、初心者でも取得しやすいでしょう。公式ガイドブックに沿った問題が出題されるため、しっかり学習して知識を身に付けておけば合格しやすいでしょう。

メリット2:就職の可能性が高まる

WEB関連の企業で仕事をしたい人は、WEBリテラシー資格を取得していると自分の能力をアピールできるため、有利になる可能性があります。Web開発部署のWebデザイナーやディレクター、プロデューサーなど、専門的な知識を要する分野であれば、必要な資格といえるでしょう。

メリット3:知識が深まる

WEB関連の業務は、発注者側・受注者側ともに専門的な知識がなければ、スムーズに進行しません。WEBリテラシー資格を取得し、発注者としての知識が深まることによって、受注者とのコミュニケーションが円滑になるメリットもあります。

WEBリテラシーが低いとどうなるのか?炎上の危機について

WEBリテラシーが低いとどうなるのか?炎上の危機について

WEBリテラシーが低く、SNSなどのツールやインターネットの使い方を誤ってしまえば、ネット炎上につながる場合もあります。社員個人の業務やプライベートに支障をきたすだけではなく、所属する企業にも大きな損失を与える可能性があるのです。

ネット炎上のリスク

社員のWEBリテラシーが低いと、企業にとってマイナスとなる内容をSNSで投稿したり、モラルのない投稿をしたりといった可能性があります。中傷の的となる内容だった場合、個人のアカウントから勤務先が特定され、企業が炎上することもあるのです。社員個人だけではなく企業にとってもネット炎上のリスクは大きく、社員に対しての教育が必須であるといえます。

炎上への対処法

経営陣、社員ともにWEBリテラシーを高めて、炎上予防や対策を講じなければなりません。炎上への対処法として、専門家によるセミナーを受講する方法も効果的です。

インターネット上の情報やWEBの扱い方は、短期間で変わったり新たな情報が発信されたりというケースが多いため、定期的にセミナーを受講することが大切です。

必要な能力をWEBリテラシー試験で身に着けよう

WEBリテラシー試験の合格を目指して勉強すれば、WEB業界で働くために必要である基礎的な知識が身につきます。また、企業にとって重要なWEBリテラシーを高めるためには、専門家から最新の情報を定期的に得ることも大切です。安全かつ円滑に業務を進めるためにも、WEBリテラシーに関する知識を深めましょう。

関連して読まれている記事

  1. これで成功!2ちゃんねるの書き込みを削除する3つの重要ポイント
  2. 炎上のその後から学ぶ
  3. ネット炎上のメカニズムと2017年炎上事例5パターン
  4. NAVERまとめの無断転載と誹謗中傷記事とをすばやく削除する方法
  5. リスクアセスメントの手順と5つの注意点
  6. 相手が分からない恐怖!ツイッターやSNSでのストーカー対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP