知っておくべきITセキュリティの重要性!企業の課題と対策を紹介

知っておくべきITセキュリティの重要性!企業の課題と対策を紹介

企業や法人はITセキュリティの重要性についてしっかりと理解しておく必要があります。重要な機密事項や顧客・社員などの個人情報といった外部に漏れてはいけない情報をパソコン上に保存・管理している企業は多いでしょう。また、企業のシステムに不正アクセスされサービスが停止してしまうなどすると経営に多大な影響を与えてしまいます。この記事では、ITセキュリティの重要性や解決すべき課題、対処法などについて解説していきます。

ITセキュリティの定義や要素を紹介

ITセキュリティの定義や要素を紹介

ITセキュリティという言葉は知っていても、詳しくは分からない人もいるでしょう。この段落では、ITセキュリティとは何なのか、どのような要素を指すのか紹介していきます。しっかりと定義や要素を把握してITセキュリティへの理解を深めていきましょう。

ITセキュリティとは

ITセキュリティとは、インターネットを安全に利用するために必要な対策をとることです。インターネットにつながっているパソコンは、ウイルスに感染したり、重要な情報が外部に漏れてしまったりといった危険性があります。そのようなトラブルを防ぐために対策しておくことを「ITセキュリティ対策」と呼んでいます。

ITセキュリティ3つの要素

ITセキュリティには3つの要素があります。「機密性」「完全性」「可用性」の3つです。これら3つの英語の頭文字を略して「CIA」と呼ばれています。この3要素がそれぞれどのようなことを意味しているのか詳しく確認していきましょう。

要素1:機密性

機密性の高い情報が何なのかは企業によって異なりますが、製品開発情報や顧客や社員の個人情報などが一般的には当てはまるでしょう。このような機密性の高い情報は社内で接触できる人間を限定することで情報漏洩や悪用の危険性が低くなります。IDやパスワードでの管理や入室制限といった方法がありますが、あまりにも厳しくしすぎると業務が滞ることもあるので注意が必要です。内部だけでなく企業外からの悪意ある第三者への対策も必要になります。その一つとしてセキュリティ点検リストを作っておくと便利でしょう。リストを利用し、ITセキュリティの点検や見直しを定期的に行って、その有効性を確認・改善していくことが大切です。

要素2:完全性

完全性はサイバー攻撃や社内の管理ミス、システムのバグなどといった様々なトラブルから機密情報を保護することを指します。バックアップシステムをしっかりと整えておく、暗号化したデータで保管や転送などをするといった対策をしておくことが重要になるでしょう。アクセス者の履歴や改変の履歴などを残しておき、いつでも変更内容や変更前の状態にさかのぼれるようにしておくことも大切です。

要素3:可用性

可用性は、機密性と完全性がしっかりと確立された状態で、システムが継続して稼働することを指します。データをいつでも安全に利用できる状態を確保することも大切なのです。また、天災やシステムダウンなどの大規模なトラブル時にも、どれだけ早く正確に機密情報や重要データを復旧できるのかが重要になります。

法人や企業にとってのITセキュリティ

企業や法人では社内の機密情報や顧客、社員の個人情報など多くの情報が蓄積されています。それらは外部に漏れてはいけない大切な情報なので、漏洩などがないようにしっかりと対策を取っておく必要があります。情報が漏洩すれば、製品開発に影響したり世間からの信用が失墜してしまったりなどの悪影響があります。また、システムが不具合を起こして営業ができない状態などになれば、計り知れない社会への影響が発生する場合もあります。そのため、ITセキュリティを強化して、システムを管理しておく必要があります。たった1台の端末にコンピューターウイルスが侵入しただけで、システム全体に影響が及ぶ可能性もあるので、その点も考慮して対策を行う必要があるでしょう。

ITセキュリティを行う上で重要なポイントは?

ITセキュリティを行う上で重要なポイントは?

ITセキュリティを行う場合には、ポイントを押さえて対策を取る必要があります。ポイントを知らないまま、なんとなくITセキュリティ導入しても高い効果は望めないので、どんなことに気を付けて行えばいいのか把握しておきましょう。この段落では、重要なポイントを絞って紹介します。

最新のシステム

ITセキュリティを行ううえで、システムを最新の状態に保つことは最初の一歩といえるでしょう。システムは定期的にアップデートが行われます。古いバージョンのままだと、セキュリティホールなどの不具合からトラブルが発生する可能性が高まってしまうので注意が必要です。機器本体のファームウェアやシステムのアップデート、セキュリティソフトやリアルタイムなウイルス定義ファイルの導入などを行い、常に最新の状態を保つようにしましょう。

複雑な認証

パスワードはデータを守るために重要なものですが、同時にサイバー攻撃の対象にもなりやすいものです。そのため、サイバー攻撃などにより発見されたり盗まれたりしないように、アルファベットと数字を組み合わせるなど複雑なパスワードを設定しておくようにしましょう。購入時の簡単な初期パスワードのままだと、盗聴や解読される可能性が高まります。また、パスワードの管理も徹底するようにしましょう。これらの対策を取ったうえで、多要素認証などの手段を用いるとより効果的です。

ITセキュリティの課題を把握して対策を!

ITセキュリティの課題を把握して対策を!

ITセキュリティは企業の情報や個人情報などを守り、システムを安全に稼働させるために重要なものですが、課題もあります。この段落では、ITセキュリティの課題は何なのか、その対策についても見ていきましょう。

対策が遅れがちである

企業はITを利用するうえで、その利便性や機能だけを重視しがちです。そのため、ITセキュリティについては対応が遅れることが多いのが課題でしょう。しかし、ITセキュリティ対策を十分に取らなかったことで事故が起こった場合の損害は計り知れません。そのようなことを防ぐためにも早めの対策が重要です。また、ITセキュリティ対策を行うことは、業務効率の向上にもつながります。業務システムとの連携を取ることで効率アップになりますから、業務を円滑に進めるためにも重要です。セキュリティ対策を経営の目線から行う場合には、管理方針をはっきりさせることと同時に、専門家によるサービスを導入することも視野に入れていきましょう。

脅威が多様化している

ITセキュリティの脅威は年々多様化しています。SNSやスマートフォンの利用者が増えたことによって、新たな課題や脅威が数を増しているのです。内部からの情報漏洩や利益を目的にした手口は巧妙化しており、被害が甚大になりやすくなっています。このような脅威への対策は場当たり的な素人による対策でどうにかできるものではありません。システム全体を見直す総合的な対策が必要になるでしょう。具体的には、企業ごとにカスタマイズしたセキュリティシステムを導入し、運用ルールを作るなどの対策が求められます。

被害者が加害者にもなる

ITセキュリティが十分でなかったことによって起こるセキュリティ事故では、被害者が加害者になってしまう場合があります。具体的には、不正アクセスなどによって自社のホームページが改ざんされ、訪問者にウイルスをばらまくために悪用されるなど、気付かないうちに加害者になっているケースもあるのです。こうした場合には、ホームページを改ざんされた被害者であるにも関わらず、被害を拡散させたということで損害賠償請求を起こされる可能性もあるのです。
ITセキュリティ管理の方針を明確にして、その方針に沿った対策を行ったり、専門家によるアドバイスを受けたりするなどによって、より適切な対策や対応を行うことができます。

転職にも有利なITセキュリティの資格を紹介!

転職にも有利なITセキュリティの資格を紹介!

ITセキュリティの重要性や定義などについてしっかりと理解を深めたところで、ITセキュリティの資格にはどのようなものがあるのか見ておきましょう。資格を持っていることで転職に有利になる場合もありますから、どんな資格があるのか把握しておきましょう。

情報セキュリティマネジメントとは

情報セキュリティマネジメント試験とは、ITの高度化に伴い多様化・複雑化する危機への対応ができる人材であることを証明するための資格です。企業などにおける漏洩リスクに対応するための知識、リスクや被害を最小限にして安全なシステムについての知識などを有すると認められた者に与えられる国家資格の一つです。情報セキュリティマネジメントは、企業としての一般的な知識も必要な資格です。難易度はそう高くはなく、国家資格である「情報処理技術者試験」の難易度はレベル1~4までありますが、情報セキュリティマネジメントはレベル2と比較的簡単な部類に入ります。

資格取得の流れ

情報セキュリティマネジメント試験は春と秋の年2回行われます。受験したい場合には、「独立行政法人 情報処理推進機構」へ申し込みをしましょう。春の受験なら1月中旬から2月中旬の申し込み、秋なら7月中旬から8月中旬の申し込みになるので忘れないようにしましょう。試験は午前と午後、それぞれ90分ずつ行われます。100点満点のうち60点以上なら合格です。合格発表は、ホームページ上で行われ、試験から1カ月程度で発表されます。

資格取得のメリット

情報セキュリティマネジメント試験を取得するメリットとしては、企業による需要が高いことが挙げられます。業種に限らず、必要としている企業や法人は多いため、転職したい場合やキャリアアップしたいときに役立ちます。また、理系や情報系の学生には必須の資格だといわれており、就職や転職時に有利に働くこともあります。

ITセキュリティを高めるには炎上への危機感を持つことも重要

ITセキュリティが不十分だった場合には、情報漏洩などが起こる可能性があります。情報が漏洩してしまうと、大きな炎上に発展することもあるので注意が必要です。ここからは、ネット炎上や炎上に関する情報を紹介します。

ネット炎上とは

ネット炎上とは

ネット炎上に明確な定義はありません。企業や法人の炎上は、一般的には企業の内部告発や外部からの誹謗中傷などが原因で起こる場合が多くなっています。炎上が起こると、企業のアカウントに意見や誹謗・中傷が殺到してしまい。収拾がつかなくなってしまいます。炎上を防止するためには、企業内で炎上事例を交えた炎上予防教育が必要だとされています。

セミナー紹介

ITセキュリティへの意識を高めるには、炎上に対する知識を高めておくことも有効です。炎上はいつ、何が原因で起こるか予測が難しいリスクですから、あらかじめ知識を持っておくことが重要です。対策としては、ネット炎上予防セミナーなどに参加するのもいいでしょう。最新の情報を専門家から聞くことができるので、万が一炎上したときの備えになります。

ITセキュリティの課題を理解して必要な対策を!

企業や法人にとって、ITセキュリティ対策は今や欠かせません。重大なトラブルを引き起こす前に、ITセキュリティへの意識を高めて対策を講じておきましょう。また、ITセキュリティへの意識を高める場合には、発生する可能性の高いリスクのひとつである「炎上」に対する知識も高めておくことが大切です。ネット炎上などが社会問題化していますから、システムのセキュリティ対策などとともに、炎上への対策も講じておくことが重要です。

※参考 総務省安心してインターネットを使うための国民のための情報セキュリティサイト
情報セキュリティって何?

関連して読まれている記事

  1. gmb_sakujo_eye
  2. なぜ広告は炎上するのか?5つの理由と炎上タイプ
  3. 無料で簡単!Googleマイビジネス登録時に役立つ3つの注意点と5つの登録手順
  4. Googleマイビジネス
  5. 企業必見!炎上しない3つの謝罪方法とは!6つの炎上事例から学ぶ
  6. 炎上に参加する人たちの正体とは?行動パターンと心理

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP