企業のリスク管理の必要性は?対策方法や課題を理解して回避しよう

企業のリスク管理の必要性は?対策方法や課題を理解して回避しよう

enjohosho_bana-_ue

企業が経営を続けていくにあたって、適切なリスク管理を行うことは事業を存続させるために欠かせません。社会が変化していることを受けて、リスクも多様化していることを正しく知っておきましょう。加えて、企業にとってリスクとは何か、またリスク管理の必要性について理解しておくことは非常に大切なことです。リスクについてしっかりと知識を持ったうえで、対応策や課題を把握し、リスクを回避しましょう。この記事では、リスクの基本的な知識を紹介し、リスク管理の必要性を詳しく解説していきます。

組織のリスクやリスク管理とは?押さえておきたい基礎知識

組織のリスクやリスク管理とは?押さえておきたい基礎知識

組織に起こることが想定されるリスクの種類は、さまざまです。企業は事業存続のために、リスクの性質や種類などを把握しておくことが求められます。ここでは、リスクの種類とリスク管理の基礎知識を紹介していきます。

リスクとは

リスクのなかには、リスクが発生するタイミングがはっきりしておらず、発生自体も不確実とされるものがあります。また、リスクが実際に発生して顕在化することによって、組織に対して悪影響を及ぼすとされるものもあります。ビジネスにこうしたリスクはつきものです。ただ、リスクのなかには潜在的なものも含まれているため、企業は「どのようなリスクが潜んでいるのか」という点を早い段階で把握しておく必要があります。リスクにはさまざまな性質のものがありますが、企業・組織にとっては、「目標の達成を妨げるリスク」や「事業の継続を脅かすリスク」があるといわれています。

リスク管理とは

リスク管理とは、企業が将来的に起こるさまざまなリスクに対して、迅速かつ適切に管理する経営手法のことをいいます。起こり得るリスクを想定して、総合的な視点に立ち、事前に対策を練っておく経営戦略ともいえるでしょう。

ただし、リスク管理の内容は、業種などによって異なるのが一般的です。たとえば、食品製造関連では異物混入や食中毒の発生などに対するリスク、IT関連ではハッカーやコンピューターウィルスによる情報漏えいなどのリスクに対してそれぞれ危機を予測し、管理をする必要があります。

企業がリスク管理をする必要性を理解しよう!

企業がリスク管理をする必要性を理解しよう!

リスクを正しく把握し、適切な方法でリスク管理を行わなければ、最悪の場合、企業は事業継続が不可能になってしまいます。そうした状況を防ぐためにも、ここでは企業がリスク管理をする必要性はどこにあるのかという点を詳しく解説します。

社会の変化

電力自由化や、労働者派遣法の改正による雇用形態の多様化などのような社会の変化に伴い、社会インフラの規制緩和が進展しているという現状は多くの人が理解しているところです。規制緩和が進むと企業の事業活動の幅が広がる一方、さまざまなリスクと直面する場面が増え、リスク管理の必要性が高まります。したがって、企業や組織が利益を追求し、拡大していくためには、自己責任でリスク対策を講じることが必要になってきているといえるでしょう。

リスクの多様化

IT技術の進歩や経済のグローバル化などによって、企業の事業展開の速度は速まっています。また、温暖化などの環境問題によって、企業・組織に求められる配慮や企業への規制も厳しくなっている状況もあります。こうした社会情勢のなか、リスクの種類も増えている傾向にあるのです。そのほかにも、新技術の開発・導入、法律の改正などに伴う賠償請求、国際化、インターネットの活用が進んだことで起こる情報関連のリスクなどの分野でも、企業に起こると想定されるリスクは多様化している状況にあります。

経営管理の変化

現代においては経営管理のあり方そのものが変化しています。日本の企業では社会問題のひとつとして、過労死や派遣切りなどの長時間労働による雇用問題が頻繁に取り上げられています。このことからもわかるように、企業側も従来の信頼関係を前提とする経営管理を続けていくこと自体に限界がきているといえるでしょう。そうしたことから、社外取締役の配置などを多くの企業が検討しているのが実情です。

たとえば、企業では業務中に社員が死傷するリスクがあり、労災事故では労働者やその家族から訴訟を起こされるなどのリスクもあります。このように、企業内にいると客観視しにくいリスクに関しても、企業を守るためにリスク管理をする必要性が高まっているのです。

説明責任の増大

経済が活性化しているという状況において、企業・組織がリスク管理を怠ると、社会的な評価へ悪影響を及ぼすことになりかねません。日本では、企業が株式上場していることなどが、信頼度などの目安のひとつとして考えられるケースが多くあります。したがって、企業活動の信頼を失わないためにも、株主や社会への説明責任は年々増している状況となっています。
また、IT化された日本の企業では個人情報の漏えいや、社員の不正取引などの不祥事が多発する傾向にあります。これらの不祥事が起こると、経営者はリスクを予見し防止できなかった責任を厳しく追及されます。こうした不祥事などのリスクに対応するためにも、適切なリスク管理は重要性を増しているのです。

リスク管理のプロセスを段階ごとに確認しよう!

リスク管理のプロセスを段階ごとに確認しよう!

「企業にとってリスク管理は大事」ということがわかっていても、具体的な内容やプロセスが理解できていなければ実践できません。リスク管理のプロセスを段階ごとに把握しておけば、何らかのリスクが顕在化した場合の影響を、最小限にとどめることができる可能性が高まります。ここでは、順を追ってリスク管理のプロセスを見ていきましょう。

リスクの洗い出し

リスク管理のプロセスとして、最初にリスクの洗い出しを行うことからはじめます。リスクの洗い出しをするときは、時系列で、”漏れなく、重複することなく”洗い出していくのがポイントです。たとえば、ひとつのプロジェクトのなかで行われる内容ごとに分類し、リスクを洗い出すなどの工夫をしてみましょう。
具体的には、たとえば職場で地震が起こったときのリスクの場合、「発生直後」「避難行動」「自宅へ戻る」というシーンに分類して、衣食住に対して想定されるリスクをそれぞれ洗い出してみると、時系列でリスクの内容が変化していることが理解できます。

評価

リスクを洗い出した後は、把握したリスクをそれぞれ評価していきます。リスクを評価する場合は、リスクの発生率や影響度によって見ていくことがポイントです。たとえば、「地震が発生する率」と「食料不足のリスク」を段階的にわけて、国の防災ガイドラインをもとに評価していきます。そして、ほかのリスクとも比較してみて優先順位をつけていけば、地震が起こったときに必要とされる対策がより明確になるでしょう。

リスクへの4つの対策

対策の種類

リスクの洗い出しを行って評価をしたら、その次のプロセスとして、リスクへの対策を行うことが挙げられます。リスク対策の主な種類を把握しておき、リスクの発生率や影響力の大きさによって適切な対策を講じていくことが大切です。

1:予防策

リスクの予防策は、リスクが発生する確率を抑える対策のことをいいます。たとえば、大きな地震が起こったときは、資料の入ったロッカーなどの大型家具が倒れてくる恐れがあります。大型の家具や設備などが倒れてくると、場合によっては命の危険につながるケースもあるでしょう。企業では地震で家具や設備が倒れてくるというリスクを防ぐために、固定金具を用いて家具をしっかりと固定するなどして、従業員がけがをしないようにあらかじめ予防することが求められます。

2:軽減策

軽減策とは、リスクが発生したときの状況を踏まえたうえで、発生リスクの影響を少なくする対策のことです。たとえば、地震が起こったときに想定される家具の転倒被害に備えて、家具を購入するときには比較的軽い素材を用いて作られた家具や背の低い家具を購入するなどの対策があります。要は、リスクとして想定していたことが起こった場合に、その影響を可能な限り軽減するための対策が軽減策と呼ばれるものです。

3:移転策

リスクが発生することによって生まれた影響を、第三者に移す対策を移転策といいます。たとえば、日本では将来的に大きな地震が起こることを想定して、地震保険付きの火災保険に加入している人が多くいます。地震というリスクが起こった場合でも、地震の発生によって受ける被害を、火災保険に加入するという形で第三者となる保険会社に移しておくことによって、金銭的な部分をカバーするのに役立てようというものです。

4:容認策

リスクにはさまざまな種類や性質のものがあり、なかには発生率や影響が少ないものも存在します。そのため、発生率・影響が少ないと判断したリスクに対しては、あえて何も対策を取らないことを容認策と呼んでいます。たとえば、地震が発生して破損した場合でも、金銭的に影響が少ない安価な家具などには、高額な火災保険をかけることもなく、特に対策を取らないケースも多いでしょう。このような方法が容認策に当てはまるものです。

リスク管理の実行・監視

リスク管理をするにあたって、対策を実行したあとには、リスクとして想定したことが起こるかどうかをしっかりと監視する必要があります。ただし、リスクが発生する可能性が低くなるといわれている「監視期限」を過ぎたあとは、監視を続ける必要性が低くなります。リスク管理にはコストや手間がかかります。そのため、必要がなければ、思い切って監視から外すことも重要です。たとえば、それまで企業が利用していた制作会社をA社からB社へと変更した場合、納品される成果物に問題がないか、全数チェックなどの監視をする期間を設けることが欠かせません。そして、一定の期間が過ぎて何も問題がない場合には、監視することをやめるという判断を下す必要があります。

enjohosho_bana-_ue

リスク管理の課題を把握して適切な対応策を!

リスク管理の課題を把握して適切な対応策を!

企業や組織がリスク管理を行うことは重要です。しかし、リスク管理にはいくつかの課題もあります。そのため、リスク管理を行ううえで生じる課題への対応策を心得ておき、リスクごとに適切な対策を講じていくことが大切です。

課題1:すべてに対策することは不可能

企業や組織に起こることが想定されるリスクは、多岐に渡ります。そのため、現実の問題として、漏れなくリスク管理を行うことそのものが難しいといえます。すべてのリスクに対してパーフェクトな対策を講じることは困難であり、どんなにコストをかけたとしても防ぐことが難しいリスクも実際にはあります。ただし、企業や組織の経営に大きな影響を与えることが想定されるリスクに対しては、重点的にリスク管理を行うのが望ましいといえるでしょう。

課題2:中小企業のリスク管理体制

大企業では、何らかのリスクが起こったときに備えて、リスク管理体制が整っているケースが多いでしょう。しかし、中小企業のリスク管理体制は、未整備であるケースが多く見られるのが実情です。中小企業においてはリスク管理を行う担当部署がない企業が4割程度と多いことも、リスク管理が未整備である理由のひとつといえるでしょう。中小企業の場合も、外部認証を積極的に取得するなど、経営者自身がリーダーシップをとって、リスク管理のセミナーやコンサルタントの導入を進めていくことが望ましいといえます。

リスク管理の習熟度チェックで段階を確認しよう!

リスク管理の習熟度チェックで段階を確認しよう!

積極的なリスク管理は、企業が経済的に成長、さらに拡大していくうえで欠かせないといわれています。段階的にリスク管理の習熟度をチェックしていき、リスク管理そのものが適切かどうかを定期的に見直すことが重要です。

1:初期段階

「初期段階」とは、リスクに対して特定の個人の経験にのみ基づき対応することを指しています。初期段階では個人の経験に依存して対応していることから、どうしても場当たり的な対応になりがちといわれています。こうした段階であることは、とりあえず最低限のリスク管理を行うというレベルの位置付けと捉えておきましょう。

2:反復段階

リスク管理の「反復段階」では、企業や組織内にリスク管理に対する共通認識が生まれることに加えて、ガイドラインが作られる段階です。しかし、反復段階でも、実際の現場での対応は個人に依存している状態といって良いでしょう。

3:定義付け段階

「定義付け段階」では、リスク管理の方法論はすでに確立しています。加えて、事業区分ごとにリスク管理が行われている段階です。定義付け段階に関しては、初期段階や反復段階のように個人の経験には依存するのではなく、組織として対応できるという特徴が見られます。

4:管理段階

「管理段階」とは、企業・組織内で総合的なリスク管理が成立している段階のことをいいます。加えて、この段階ではリターンがあるとされる「プラスのリスク」の分析が可能になるという特徴があります。会社の経営には、「利益が出ない可能性」や「損失」というマイナスの面もあるでしょう。しかし、その一方では「大きな利益が出る可能性」というプラスの面も当然あります。リスクにもプラスとマイナスの両面があるということです。

5:最適化段階

「最適化段階」とは、競合他社よりもリスク管理が優れている状態です。この段階では、優れたリスク管理の状態が競合の武器になる可能性もあります。経営戦略型のリスク管理が可能になっている段階であることから、リスク管理の状態としては最も習熟しているといえるでしょう。

ネット炎上や炎上に関する情報をもとにリスク管理を!

ネット炎上や炎上に関する情報をもとにリスク管理を!

インターネットが普及したことによって、「ネット炎上」というワードを耳にする機会が増えています。企業・組織として、ネット炎上に関するリスク管理の知識を持っておくことが大切です。ここでは、ネット炎上や炎上に関する情報を紹介していきます。

ネット炎上とは

インターネット上の風評被害や誹謗中傷については、インターネットの拡大とともに広がる傾向にあります。そのなかでも、「ネット炎上」とは、インターネット上で特定の対象に非難や誹謗中傷などが集中する状態のことをいいます。ネット炎上の内容は、正当な批判ばかりではありません。なかには誤解や偏見なども含まれているケースが多く見られます。SNSが普及している背景もあり、一度ネット炎上が起こってしまうと、急激なスピードで拡散する可能性が高いため、企業の存続危機にもつながりかねないといわれています。

対応策はあるのか

ネット炎上への対策を検討するなら、常に最新の情報をもとに行う必要があります。そのため、定期的に開催されているセミナーなどで情報を収集すると良いでしょう。「レピュ研」では具体的な事例や豊富な対策実績を持っていることに加えて、セミナーや専門のコンサルタントによる無料相談を行っているため、気軽に相談していただければと思います。

リスク管理をすべき時代!対策を進めて組織を発展させよう

企業や組織では、リスク管理が欠かせない時代になっています。なかでも、ネット炎上はリスク管理が難しいという問題があります。ネット炎上に関する新しい情報や対策を収集するためにもセミナーを受講して、リスク管理の方法や課題を理解しておきましょう。

※参考 株式会社富士通マーケティング
    第11回「リスク管理」と「危機管理」は何が違う?効果的なリスクマネジメントのために知っておくべきこと

レピュ研の炎上補償サービス

レピュ研では法人様に安心して過ごしていただけるよう、炎上補償サービスを提供しています。弊社がおこなうサービスを隅々までご紹介している、資料を無料配布中です!

enjohosho_bana-

 

関連して読まれている記事

  1. 2019年最新事例から見るネット炎上メカニズム
  2. Yahoo!知恵袋の解決済み質問を削除する方法と8つの注意点
  3. レピュテーションマネジメント
  4. リスク管理をしるための3つの知識
  5. ネット誹謗中傷はここに相談!弁護士・専門家・警察の違いを徹底比較
  6. NAVERまとめの無断転載と誹謗中傷記事とをすばやく削除する方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP