ネット誹謗中傷はここに相談!弁護士・専門家・警察の違いを徹底比較

ネット誹謗中傷はここに相談!弁護士・専門家・警察の違いを徹底比較

「ネット誹謗中傷にあったとき、どこに相談すればいいの?」「相談先の徹底比較」「ネット問題解決の費用相場」について、風評被害対策の専門家としてまとめました。

ネット掲示板や口コミサイトの多くは匿名性が高く、名前や個人情報がバレにくいため、誹謗中傷・風評被害の書き込みがあとを絶ちません。ネットの誹謗中傷をどうにかしたいと考える人は多い一方で、「どこに相談するのが良いか知らない」「どんな対策がベストか分からない」「もし費用がかかるとしたら?」など、相談先が明確になっていないことも1つの問題です。

そこで今回は、ネット誹謗中傷・風評被害の問題を解決すべく、専門家の立場から解説していきます。ネット問題の解決方法がわからず途方にくれていた方や、相談選びに悩んでいた方は必見です。ぜひ一緒に悩みを解決していきましょう!

読み終わるまで 約2分
記事で学べること 1. 誹謗中傷 3つの相談先
2. 誹謗中傷の解決方法と費用相場
3. 相談するときの注意点

誹謗中傷の相談ができる3つの機関とは

誹謗中傷の相談ができる3つの機関とは

誹謗中傷相談1:弁護士

弁護士は、法律の専門家なため、法律にそって誹謗中傷問題を解決できます。ネット上の問題ある書き込みや、著作権違反などが起きたときは、心強い味方になってくれるでしょう。名誉毀損・侮辱罪・プライバシーの侵害等の「権利侵害」があったときのみ、対応することができます。

誹謗中傷相談2:警察

警察は、刑法上に犯罪があったとき、誹謗中傷問題を解決できます。ネット上の問題ある書き込みが「刑法上の犯罪にあたるかどうか」が重要視され、名誉毀損罪・侮辱罪・信用毀損罪・業務妨害罪の4つに当てはまるときのみ、対応することができます。

誹謗中傷相談3:風評被害対策の専門家

風評被害対策の専門家は、ネット誹謗中傷・風評被害の問題解決に特化している業者のことです。権利侵害や法律違反な書き込み以外でも、幅広く解決できます。弁護士や警察が対応できない案件にも、あらゆる手法で解決に導いてくれます。

誹謗中傷問題を解決する5つの方法と費用相場

  弁護士 警察 風評被害対策の
専門家
状況の相談 無料~5000円 無料 無料
書き込み削除 5万~30万 × ×
投稿者特定 10万~50万 無料 ×
キーワード非表示 × × 5万~
検索結果非表示 × × 10万~

解決方法1:状況の相談

まず、ネット上の問題で悩んでいるときは、現状起きている誹謗中傷や風評被害を相談しましょう。相談することで「今後どのようなリスクがあるか」「現在どのような被害を受けているのか」など、正確な状況を知ることができます。

弁護士と風評被害対策の専門家であれば、今後どのような対策や対応を行っていくのがよいか、いくつか提案してくれることでしょう。

解決方法2:書き込み削除

掲示板や口コミサイトだけでなく、Twitter・Facebookなど、ネット上の書き込みを削除できます。ネット上の書き込み削除は自分で行うこともできますが、削除方法がわからなかったり、削除依頼が難しくて誰かに頼りたいときは、この方法を取りましょう。

なお書き込みの代行削除は、弁護士以外は行うことができず、被害を受けている本人以外の第三者が削除代行をしたときは、非弁行為という法律違反になってしまうので注意が必要です。

依頼3:投稿者特定

誹謗中傷や風評被害を書き込んだ人を特定できます。名誉毀損・プライバシー侵害・侮辱罪など、書き込んだ内容が明らかな法律違反と認められるときのみ、投稿者特定はできます。「なんとなく誰が書き込んだか知りたい」といった曖昧な理由で投稿者特定はできないため、注意が必要です。

投稿者特定には、法的手段を用いることが多く、個人で特定するには限界があるため、弁護士に相談するのがベターです。

依頼4:キーワード非表示

Yahoo!やGoogleなどで検索するときに、検索キーワードと一緒に出てくる候補ワードを非表示にできます。

風評被害・誹謗中傷・ネガティブキーワードの表示

「サジェスト」や「関連キーワード」とも呼ばれている

一般的に「サジェストキーワード」「関連キーワード」「入力補助キーワード」などと言われています。例えば「法人名 悪徳」「個人名 逮捕」など、見に覚えのないワードやネガティブワードが出てきたとき対策できます。検索エンジンの仕組みや解析ができる、風評被害対策の専門家に相談するのがベターです。

依頼5:検索結果非表示

Yahoo!やGoogleの検索結果に出てくる、ネガティブ・誹謗中傷サイトを非表示にできます。非表示にする対策は「逆SEO対策」という名称で呼ばれています。風評被害対策の専門家が、検索エンジンの解析や、独自のSEOのノウハウを使って対策できます。

風評被害・誹謗中傷対策には検索結果非表示の「逆SEO対策」がおすすめ

デマ情報で書かれたネガティブサイトには要注意!

逆SEO対策の詳しい説明は、別記事でご紹介しています。合わせてぜひお読み下さい。

弁護士に相談するときの3つの注意点

弁護士に相談するときの3つの注意点

注意点1:弁護士ができることを知ろう

弁護士は誹謗中傷問題に対し、「書き込みの削除」「投稿者の特定」などの対策ができます。ただし書き込まれた内容に、名誉毀損・侮辱罪・プライバシー侵害等の「権利侵害」が含まれている必要があります。

権利侵害などが含まれておらず、法的に違反していない書き込みは「削除してほしい」「投稿者と特定してほしい」と依頼しても、対応できないため注意が必要です。

注意点2:弁護士に依頼したときの費用を知ろう

弁護士への法律相談は、無料から5000円程度で行っています。相談したあと、実際に誹謗中傷問題を対策するときは、まず着手金として費用がかかるときがあります。また、対応が成功したときも、成功報酬として費用がかかってきます。

対策を依頼するまえに、すべてうまくいったときの費用感やイレギュラーで発生するようなお金を、あらかじめ聞いておいたほうがよいでしょう。

注意点3:弁護士ごとの得意分野を知ろう

例えば、離婚問題に強い弁護士がいるように、ネット上の誹謗中傷問題に強い弁護士もいます。弁護士に対策費用を支払うまえに、どのくらいの実績や経験があるのか、下調べを行ってから対策を依頼しましょう。

ネット上の誹謗中傷や悪質な書き込みでお困りの方はアークレスト法律事務所にご相談ください。

警察に相談するときの3つの注意点

警察に相談するときの3つの注意点

注意点1:捜査されないことがある

ネット上で誹謗中傷や風評被害を受けたとき、警察に相談する人は意外と多く、状況によって真摯に対応してもらえます。真摯に対応してもらうためには、書き込み内容が「刑法上の犯罪にあたるかどうか」が重要です。

ただ、被害届を出しても捜査されないもあります。警察には被害届が出されたすべての事件に対して捜査をする義務がないためです。被害届で無理なときは、告訴状を出して捜査をお願いできますが、告訴状自体がそもそも受理されないこともあるため、警察に依頼するのはハードルが高いといえるでしょう。

注意点2:警察相談が【不利】に働くことがある

ネット掲示板によっては、削除依頼するときに「警察に相談中です」と伝えてしまうと、削除対応が遅れたり、削除してもらえなくなったりすることがあります。ネット掲示板の管理者は、警察の判断を待ってから、削除するか決めた方が安全と思うためです。せっかく削除依頼をしても、意味がなくなってしまうこともあるので、注意が必要です。

注意点3:警察相談で【有利】に働くこともある

警察に相談していることを掲示板や口コミサイトに報告すると、書き込み削除依頼が有利に働くこともあります。警察の介入によって「状況が緊迫している」ことが伝わり、サイトの運営側も事態を重くみてくれることがあります。警察に相談していることを、掲示板やサイトに報告するときは、「警察相談中である証拠」が必要となる場合があるので、注意が必要です。手間はかかりますが効果がある対策の1つです。

レピュ研では、掲示板や口コミサイト別に、ベストな対策方法や相談先をご提案できるので、分からなければお気軽にご相談くださいね。

風評被害対策の専門家に相談するときの3つの注意点

注意点1:風評被害対策の専門家ができることを知ろう

誹謗中傷問題に対し、幅広く解決策を提案してくれます。また、法律の観点と、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンの観点から、ベストな対策方法を導くことができます。

ただ、弁護士が行うことができる「書き込みの削除」「投稿者の特定」の対応はできません。誹謗中傷が書き込こまれている状況から、ネット問題に強い弁護士のご紹介をすることはできます。どこに相談するか迷ったら、レピュ研のような風評被害対策の専門家に相談することをオススメします。

注意点2:風評被害対策の専門家の費用を知ろう

風評被害対策の専門家は、電話やメールにて無料で相談やリスク分析を行っています。もちろん、直接お伺いして相談に応じることもできます。対策を始めるときは、風評被害対策の業者によっては、着手金をとる会社もあるので注意が必要です。

悩んでいる状況に合わせた対策資料の共有や、専門コンサルタントによる的確なアドバイスをもらえます。また、具体的な費用感を無料見積もりとしてもらうこともできるので、気軽に相談してみましょう。なおレピュ研では、相談・お見積・着手金は無料で、実際の対策内容は5万程度からご提案しています。

注意点2:風評被害対策の専門家の費用を知ろう

Webリスクについて専門家に相談しよう

注意点3:削除代行業者に注意しよう

風評被害対策の専門家をうたった、「削除代行業者」がいるので注意が必要です。削除代行とは、ネット誹謗中傷の被害を受けている本人に代わって、掲示板や口コミサイトの書き込みを消す行為のことです。被害者本人と弁護士以外が「削除代行」を行ったとき、非弁行為という法律違反となるため、注意しましょう。削除代行を行った業者はもちろんのこと、頼んだ被害者本人も犯罪者になる危険性があります。

レピュ研にも「投稿者特定してほしい」「書き込み削除をしてほしい」といったお問い合わせをよくいただきますが、特定代行・削除代行は一切行っていません。ただし、Web問題に力のある弁護士をご紹介することはできるので、ご安心ください。

誹謗中傷問題は弁護士や専門家に頼ろう

誹謗中傷の書き込みを見つけたときは、まず掲示板や口コミサイトの削除依頼の方法を探しましょう。多くの掲示板や口コミサイトには、必ず削除依頼を行うためのフォームが用意されているので、削除窓口を使って自分で解決できるか試してみると良いです。

「削除依頼ができない・わからない」「削除対応されない」など、お悩みのときは、無料で行っている風評被害対策の専門家や、弁護士に相談しましょう。レピュ研のような、風評被害対策の専門家の場合「素早い対策方法」「まず確認しておきたいこと」など、初心者でもできる対策のご提案をしています。誹謗中傷問題に強い弁護士の紹介も合わせて行っているので、ぜひお気軽にご相談くださいね。

ネット上の誹謗中傷や悪質な書き込みでお困りの方はアークレスト法律事務所にご相談ください。

関連して読まれている記事

  1. Googleマイビジネス
  2. ネット炎上のメカニズムと2017年炎上事例5パターン
  3. 爆サイ削除!書き込みを削除する3つのコツと根本的解決とは
  4. 逆SEOとは?代表的な6つの方法!弁護士との違いとは
  5. NAVERまとめの無断転載と誹謗中傷記事とをすばやく削除する方法
  6. 爆サイの削除申請が通らない11の悪例と正しい依頼文

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP